不整脈(症状/検査/治療)

不整脈 を紹介しています。

不整脈(症状/検査/治療)

不整脈とは?

脈は規則正しいリズム(整脈)で拍動していますが、不整脈は規則正しい脈拍のリズムが崩れた状態のことをいいます。

不整脈にはいくつか種類があり、突然脈拍が速くなるのを期外収縮、リズムがあって異常に早いのを頻脈、リズムがあって異常に遅いのを徐脈といいます。
また、不整脈には心配ない不整脈と、命に関わってくる心配な不整脈があります。

心配のない不整脈は健康な人でも起こり、単発性の心室製期外収縮または心房性期外収縮が多いです。

スポンサードリンク

不整脈の症状

不整脈の症状には、めまい、動悸、呼吸困難、失神などを引き起こすことがあります。

不整脈の原因

脈拍が時々リズムを崩す期外収縮の原因には、心筋梗塞や狭心症といった心臓に関わる病気や、 お酒やコーヒーの刺激、タバコ、過労、精神的ストレスなどが原因になることもあります。

頻脈の場合は、心臓弁膜症や高血圧などで心房に負担がかかることで頻脈になる可能性があります。(心房細動)

徐脈性不整脈の場合は、房室ブロックといわれる心房から心室への電気的刺激がうまく伝わらない 障害によって除脈が引き起こされたり、洞不全症候群といわれる心臓の洞結節の異常が 徐脈の原因となる場合があります。

不整脈の検査

心電図、血圧測定、心臓超音波、電気生理学的検査など。正常な脈拍は毎分50〜100回です。
まず心電図で不整脈の診断が行われ、詳しい原因を探るためにX線や心臓超音波などで調べていきます。

不整脈の治療

不整脈の治療には不整脈治療のガイドラインが作られており、心臓の基礎疾患、心機能、電気生理学的検査などの総合評価から治療方針を決めていきます。

スポンサードリンク


不整脈(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .