拡張型心筋症(症状/検査/治療)

拡張型心筋症とは? 拡張型心筋症は原因不明の心筋の病気、特発性心筋症の1つで、左... を紹介しています。

拡張型心筋症(症状/検査/治療)

拡張型心筋症とは?

拡張型心筋症は原因不明の心筋の病気、特発性心筋症の1つで、左心室の拡張と収縮障害を持ちます。
そのため、心筋組織の内腔が拡大することでうっ血性心不全となります。

スポンサードリンク

拡張型心筋症の症状

動悸、呼吸困難、疲労感、むくみ、不整脈など。予後ですが、心不全や突然死などが起きる可能性があり、良くありません。

拡張型心筋症の検査

心電図、心エコー検査、胸部X線、心筋生検。

拡張型心筋症の検査では心電図で異常が見られます。
心エコー検査では左右両心室の拡大、心室壁運動の低下、心室中隔や心室壁に異常があります。

拡張型心筋症の治療

拡張型心筋症の原因はわからないため、治療には心不全や不整脈の治療が行われます。

心不全の治療には利尿薬、β受容体遮断薬、強心薬などの薬物療法が行われ、不整脈の治療には抗不整脈薬などの薬物療法が用いられます。
その他治療には心臓移植なども行われます。

スポンサードリンク


拡張型心筋症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .