心筋炎(症状/検査/原因/治療)

心筋炎 を紹介しています。

心筋炎(症状/検査/原因/治療)

心筋炎とは?

心筋炎は心筋に炎症が起きる病気です。

特にウイルスの感染によるウイルス性心筋炎が多く、心筋炎の原因となるウイルスにはコクサッキーB群、コクサッキーA群、エコー、インフルエンザ、C型肝炎、HIV、EB、アデノなどがあります。

この中でもコクサッキーB群による心筋炎が多いです。

スポンサードリンク

心筋炎の原因

先ほど述べたとおり、心筋炎の原因で最も多いのがウイルスの感染による心筋の炎症ですが、その他に細菌、寄生虫、薬物、その他疾患などが原因で引き起こされます。

例えば、細菌はジフテリア菌やリッチケアなど、寄生虫はトリパノゾーマやトキソプラズマ、線虫などです。

心筋炎の症状

急性心筋炎では発熱、咳、倦怠感、嘔吐、下痢、動悸、胸痛、呼吸困難、むくみ、不整脈、失神発作などがあらわれます。

心筋炎の検査

心電図、胸部X線、心エコー検査など。
これらの検査で心筋収縮異常の診断を行い、その後重症度などを調べていきます。

心筋炎の治療

特別な治療はないため、安静にして、栄養補給することが大切です。
その他、心不全や不整脈がある場合は各治療が行われます。

スポンサードリンク


心筋炎(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .