心臓弁膜症(症状/検査/原因/治療)

心臓弁膜症 を紹介しています。

心臓弁膜症(症状/検査/原因/治療)

心臓弁膜症とは?

心臓弁膜症は心臓の弁が変形または機能不良により、心臓のポンプ機能に障害が起きる状態を言います。

心臓弁膜症には主に弁狭窄症と弁逆流症、弁狭窄逆流症があります。
弁狭窄症は閉鎖不全症とも呼ばれ、弁の開きが不十分なために血液がうまく流れません。一方で弁逆流症は弁の閉じが不十分なために、血液が逆流します。

弁狭窄逆流症では弁の開閉ともに不十分で、血液がうまく流れず逆流も引き起こします。

スポンサードリンク

心臓弁膜症の原因

弁膜症の原因にはリウマチ熱の後遺症、動脈硬化、弁の変性などが挙げられます。先天的な場合もあります。

心臓弁膜症の症状

最初は自覚症状がほとんどありませんが、病状が進行していきますと動悸、息切れ、むくみ、呼吸困難、疲労感などの症状がみられます。

心臓弁膜症の検査

心電図、胸部X線、心エコー検査、心臓カテーテル、運動負荷試験など。まず聴診を行い、心電図と胸部X線、心エコーなどで逆流や狭窄の度合いなどの情報を調べていきます。

心臓弁膜症の治療

主に保存的療法と手術の2種類があり、保存的治療法では薬物療法と日常生活での指導です。

薬物療法には心筋の肥大、拡張、線維化抑制薬などが使用されます。
心臓弁膜症の手術には、異常な弁を修復する弁形成術や人工弁にする弁置換術などがあります。

スポンサードリンク


心臓弁膜症(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .