僧帽弁膜症(症状/原因/治療)

僧帽弁膜症 を紹介しています。

僧帽弁膜症(症状/原因/治療)

僧帽弁膜症とは?

僧帽弁は右心室と左心室の間にある弁で僧帽弁膜症には僧帽弁狭窄症と僧帽弁逆流症があります。僧帽弁狭窄症では弁の開きが不十分で、僧帽弁逆流症(閉鎖不全)は弁の閉鎖が不十分なために起こります。

スポンサードリンク

僧帽弁狭窄症の症状や原因

僧帽弁狭窄症は僧帽弁の開きが不十分になるため、左心房から左心室への血液の流れが悪くなり、左心房に血液がたまりやすくなります。

このような原因のほとんどはリウマチ熱で、症状には息切れ、呼吸困難、動悸などの症状が見られます。不整脈を合併しやすく、それに伴い血栓ができて脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こす危険性があります。

僧帽弁膜症(僧帽弁閉鎖不全症)の原因や治療

心臓弁膜症逆流症は僧帽弁の閉鎖が不十分なために、血液が左心室から左心房に逆流します。

僧帽弁逆流症の原因にはリウマチ熱、心筋梗塞、その他心筋疾患などによって引き起こされます。急に発症した場合は緊急手術が必要ですが、一般的に薬物療法などが行われます。

スポンサードリンク


僧帽弁膜症(症状/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .