大動脈弁膜症(症状/原因)

大動脈弁膜症(大動脈弁狭窄症、大動脈弁逆流症) を紹介しています。

大動脈弁膜症(症状/原因)

大動脈弁膜症とは?

大動脈弁は左心室の出口にある弁に障害が起きる疾患で、大動脈弁狭窄症と大動脈弁逆流症があります。

大動脈弁狭窄症は弁の開きが不十分なために血流の流れが悪くなり、大動脈弁逆流症は弁の閉じが不十分なために逆流が起きます。

スポンサードリンク

大動脈弁狭窄症の原因や症状

大動脈弁狭窄症の原因にはリウマチ熱、先天性、石灰化などです。
症状としては最初は無症状の場合が多いですが、進行すると動悸、息切れ、呼吸困難、胸痛、最悪突然死する危険性もあります。

大動脈弁逆流症(大動脈弁閉鎖不全症)の原因や症状

大動脈弁逆流症の原因にはリウマチ熱、感染性心内膜炎、弁の変性、大動脈の拡張や炎症などがあります。
症状としては最初は自覚症状がないことが多いですが、心不全の症状や狭心症の症状が見られる場合があります。

スポンサードリンク


大動脈弁膜症(症状/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .