心膜炎(症状/原因)

心膜炎(急性心膜炎、収縮性心膜炎) を紹介しています。

心膜炎(症状/原因)

心膜炎とは

心膜炎は臓側心膜と壁側心膜に炎症が起こった状態で、急激に起こる心膜炎を急性心膜炎といいます。
また、心膜炎の後遺症により心膜の肥大や石灰沈着などが起こると、心臓が正常に拡張できなくなる収縮性心膜炎になります。

スポンサードリンク

急性心膜炎の原因や症状

急性心膜炎は心膜に炎症が起きる疾患ですが、ウイルス感染が原因として多く、その他には細菌、リウマチ熱、膠原病、尿毒症、がんなども原因となります。

鋭い痛みの胸痛が特徴的な症状で、数時間〜数日間継続します。
胸痛から始まる痛みは首・背中・みぞおちなどへ広がる可能性があります。
その他症状には咳、息切れ、発熱などが起こります。

収縮性心膜炎の原因や症状

収縮性心膜炎の原因は心膜の肥大や石灰沈着などによる心膜の硬化が原因で、心臓が拡張できなくなります。心臓が十分に拡張できなくなると、血液の一部が心臓に流れ込まず静脈に血液がたまります。

その結果、症状に腹水、むくみ、食欲不振、肝臓の腫れ、肝硬変などを引き起こす可能性があります。

スポンサードリンク


心膜炎(症状/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .