高血圧性心疾患(症状/検査/治療)

高血圧性心疾患 を紹介しています。

高血圧性心疾患(症状/検査/治療)

高血圧性心疾患とは?

高血圧性心疾患は高血圧が原因で左心室の壁が肥大し、心機能に障害が起こる疾患です。

左心室は血圧よりも高い圧力を作らないといけないため、通常の血圧が高いと左心室の負担が大きくなります。その結果、壁が厚くなって弾力性が弱くなり、心機能に異常が生じてしまいます。

スポンサードリンク

高血圧性心疾患の症状

高血圧性心疾患は最初は症状がほとんど見られませんが、心疾患が起こると、うっ血性心不全や虚血性心疾患の症状があらわれます。
具体的には息切れ、不整脈、動悸、咳、疲労、脱力感、失神、胸痛 などがあります。

高血圧性心疾患の検査

胸部レントゲン撮影、 冠動脈造影、心エコー図など。
主に心エコーを用いて左室肥大の状況や心機能の状況を診断します。

高血圧性心疾患の治療

血圧を下げて心疾患を治療することが大切です。
まずは食事・運動で生活習慣の改善が指導され、必要に応じて降圧薬の投与や心不全、狭心症に対する治療が行われます。

スポンサードリンク


高血圧性心疾患(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .