心臓神経症(症状/治療)

心臓神経症 を紹介しています。

心臓神経症(症状/治療)

心臓神経症とは?

心臓神経症は心臓には異常が見られませんが、胸痛や動悸といった循環器症状を訴えることを言います。
心臓神経症はストレスや狭心症や突然死などに対する精神的な不安がきっかけとなって起こりやすく、心理的な面が大きいです。

スポンサードリンク

心臓神経症の症状や特徴

心臓神経症の症状を訴える中で最も多いのが胸痛で、心臓がチクチク痛むという訴えが多く、息切れを訴える人も多いです。
精神的な不安や緊張が強くなると呼吸症状が進み、過換気症候群となってしびれ、めまい、失神などを生じる恐れがあります。

心臓神経症の治療

心臓神経症は心臓には異常がありませんから、患者さんがそれを理解して心理的なものであると認識することが大切です。

そのためには患者さんが十分に納得するまで検査が行われたり、心療内科や精神科医のカウンセリングを受けながら改善していきます。
必要な場合は精神安定薬や抗うつ薬などが使用されます。

スポンサードリンク


心臓神経症(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .