大動脈瘤(症状/検査/原因/治療)

大動脈瘤 を紹介しています。

大動脈瘤(症状/検査/原因/治療)

大動脈瘤とは?

大動脈瘤は胸部大動脈から腹部大動脈の間の大動脈で、壁が一部弱くなって膨れることをいいます。

原因には外傷、感染、梅毒、先天性などありますが、特に多いのが動脈硬化によるものです。大動脈瘤でも腹部大動脈瘤が最も多く高齢者の男性に起こりやすいです。

大動脈瘤は一度膨らむと、破裂して急死する危険性がありますので怖い病気です。

スポンサードリンク

大動脈瘤の症状や検査

大動脈瘤がまだ小さいときは無症状ですが、大きくなっていくと周囲の組織を圧迫していきます。その結果、咳、むくみ、胸板、背中の痛み、腹痛などがみられます。大動脈瘤が非常に大きくなって破裂すると急死する危険性があります。

早期発見が大切で、検査には胸部X線、腹部超音波、心臓カテーテル、大動脈造影、CT検査などの検査があります。
健康診断の胸部X線で発見されることがあります。

大動脈瘤の治療

大動脈瘤の予後は非常に悪く、大動脈瘤は5年以内に破裂して出血死するといわれています。そのため、大動脈瘤の治療は手術で大動脈瘤を取り除いて人工血管を移植する必要があり、薬物療法などはありません。

解離性大動脈瘤について

大動脈瘤のでも解離性大動脈瘤というのがあります。
この大動脈瘤は大動脈の中層の壁が分解し、裂けることが原因で、特に高血圧の人がかかりやすいです。

症状としては胸痛、背部痛、腹痛があり破裂すると数時間〜数日以内に死亡します。

スポンサードリンク


大動脈瘤(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .