大動脈炎症候群・高安病(症状/治療)

大動脈炎症候群(高安病) を紹介しています。

大動脈炎症候群・高安病(症状/治療)

大動脈炎症候群(高安病)とは

大動脈炎症候群は高安病または脈なし病とも呼ばれ、大動脈から分枝している動脈に炎症が生じる病気です。

原因は不明で、日本や東南アジアの女性に多く、年齢層は20代〜30代に偏っていますが、40代や高齢者にも見られるようになってきました。
また、大動脈炎症候群から大動脈瘤になる危険性もあります。

スポンサードリンク

大動脈炎症候群(高安病)の症状や治療

発熱、疲労感、めまい、視力障害、失神、耳鳴り、心雑音、心不全、高血圧などがみられ、視力障害や頭痛など症状が悪化する場合は手術が必要です。
炎症が強い場合は副腎皮質ホルモン薬を投与が行われますが、妊娠中には注意が必要です。

スポンサードリンク


大動脈炎症候群・高安病(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .