閉塞性動脈硬化症・バージャー病(症状/治療)

閉塞性動脈硬化症・バージャー病 を紹介しています。

閉塞性動脈硬化症・バージャー病(症状/治療)

閉塞性動脈硬化症とは?

動脈硬化による動脈閉塞が四肢動脈で起きることを閉塞性動脈硬化症といいます。

閉塞性動脈硬化の原因には生活習慣病や加齢によるものが多く、特に50代以上の男性が多いです。
閉塞性動脈硬化症の症状にはしびれ、歩行時の筋肉痛、冷感、指先の痛みなどが起こります。

スポンサードリンク

閉即時動脈硬化症の治療

日常的な治療法には、四肢の保温を大切にし、長時間の歩行を避けながら歩行練習を行っていきます。必要な場合は血管のバイパス手術が行われ、手術にはカテーテル拡張術、ステント挿入術などがあります。なお、手術後は良好です。

バージャー病の症状や治療

バージャー病は閉塞性血栓血管炎とも言われ、四肢血管に炎症が見られる原因不明の病気です。

30代〜50代の男性に多く、異常が起きる血管は手足の小静脈に多いです。
バージャー病の症状には歩行時の筋肉痛や安静時の疼痛、潰瘍、壊疽などがみられます。

バージャー病の治療には主にバイパス手術が行われます。

急性動脈閉塞症の症状や特徴

急性動脈閉塞症は動脈に血栓や血の塊が詰まり、血流障害が引き起こされる病気です。

急性動脈閉塞症の症状には、歩けなくなるほどの四肢の激痛、知覚がなくなる、手足が白っぽくなるなどが起こります。

治療は速やかに行う必要があり、最悪手足が腐って切断する危険性があります。

スポンサードリンク


閉塞性動脈硬化症・バージャー病(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .