血栓性静脈炎・エコノミー症候群(症状/治療・予防)

血栓性静脈炎(エコノミー症候群) を紹介しています。

血栓性静脈炎・エコノミー症候群(症状/治療・予防)

血栓性静脈炎/エコノミー症候群とは?

血栓性静脈炎は静脈血栓と呼ばれることもあり、静脈に血栓ができて炎症が生じる病気です。

静脈の血栓ができる原因には、静脈壁の病変、静脈血流の遅延や肥満、長期間の就寝、長時間座った姿勢をすることでも引き起こります。
特に下肢の血栓性静脈炎は起こりやすく、長時間座った姿勢が原因で引き起こされる血栓性静脈炎を中でもエコノミー症候群といいます。

スポンサードリンク

血栓性静脈炎・エコノミー症候群の症状

静脈に炎症が起きると筋肉痛、圧痛、腫れ、静脈の腫れ、熱を持つといった症状が現われます。

症状が進行すると動脈血流も圧迫されて蒼白状態になり、さらには下肢が腐る危険性もあります。また、この静脈炎を引き起こした血栓がはがれて血栓が肺動脈に詰まると、肺塞栓症を引き起こし、突然死する可能性があります。
このため、血栓性静脈炎・エコノミー症候群は怖いと言われています。

血栓性静脈炎は慢性化しやすく、下肢の腫脹、皮膚の変化、腫瘍などが見られるようになります。

血栓性静脈炎・エコノミー症候群の予防・防止対策

血栓性静脈炎・エコノミー症候群を予防するためにはふくらはぎを時々自分でマッサージさせたり屈伸運動を行い、長時間座り続けないように心がけることで、静脈の流れを良くして予防・防止することができます。

血栓性静脈炎・エコノミー症候群の治療

静脈に炎症が起きた場合、抗凝固薬を投与して血栓を除去する治療法などがあります。

スポンサードリンク


血栓性静脈炎・エコノミー症候群(症状/治療・予防)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .