感染性心内膜炎(症状/検査・診断/原因)

感染性心内膜炎 を紹介しています。

感染性心内膜炎(症状/検査・診断/原因)

感染性心内膜炎とは?

心臓を包んでいる心膜の内側、心内膜に炎症が起きることを心内膜炎といい、炎症の原因が細菌や真菌などの感染によるものを感染性心内膜炎と呼びます。
感染性心内膜炎の他には、細菌などの感染以外で心内膜に炎症が起きる非細菌性心内膜があります。

スポンサードリンク

感染性心内膜炎の原因

感染性心内膜炎の原因となる細菌には、緑色連鎖球菌、黄色ブドウ球菌、腸球菌、大腸菌、真菌などがあります。
このような細菌は、心臓手術及び検査、外科手術、泌尿器科手術、出産などで細菌が心膜まで侵入する可能性があります。

感染性心膜炎の症状

感染性心膜炎の症状には、一般的に高熱、悪寒戦慄のような強い症状から微熱、倦怠感、関節痛まで、感染した細菌の種類によって症状の度合いが異なります。

病気の症状が進行すると、炎症による心膜の変形や破壊で弁閉鎖不全を引き起こす可能性があります。また付着物がはがれると、いろいろな部位に塞栓症を引き起こすこともあります。

感染性心内膜炎の検査・診断

感染性心内膜炎の疑いがある場合は、血液検査で炎症の原因菌を突き止めることが大切です。

スポンサードリンク


感染性心内膜炎(症状/検査・診断/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .