狭心症(症状/検査・診断/治療・予防)

狭心症 を紹介しています。

狭心症(症状/検査・診断/治療・予防)

狭心症とは?

狭心症は、心筋への血流が減少して酸素不足となって心臓機能が阻害される疾患です。

心筋は冠動脈によって酸素が供給されていますが、動脈硬化によって内腔が狭くなると、運動や興奮などで酸素が多く必要な時に酸素が不足して狭心症の発作が起こります。

スポンサードリンク

狭心症の症状

狭心症の主な症状は狭心痛という締め付けるような胸痛です。
胸痛は前胸部に起こることが多いですが、みぞおちや左胸部に症状がみられることもあります。胸の痛みから喉、歯、左腕、背中に痛みが広がる場合もあります。

狭心症の発作は数分〜数十分で、症状が強いと発作時間が長くなる可能性があります。狭心症の症状がさらに進行すると心筋梗塞を引き起こす危険性があります。

狭心症の検査・診断

胸部X線単純撮影、シンチグラフィー、心電図、心臓カテーテル、血圧測定、冠状動脈造影など。

まず問診でどのような症状があらわれたか確認します。
心電図では発作以外は正常であることが多いので、そのような場合はホルター心電図や負荷心電図を実施します。

確定診断では冠動脈造影を行います。そして必要に応じて、その他検査を実施します。

狭心症の治療・予防

狭心症の発作に対しては、硝酸薬を使用すると数分でおさまります。
狭心症発作の予防には抗狭心薬による薬物療法や、冠動脈の狭窄部を風船によって広げる経皮的冠動脈形成術や冠動脈バイパス手術などがあります。

スポンサードリンク


狭心症(症状/検査・診断/治療・予防)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .