食道・胃静脈瘤(症状/検査/治療)

食道・胃静脈瘤 を紹介しています。

食道・胃静脈瘤(症状/検査/治療)

食道・胃静脈瘤とは?

食道静脈瘤とは食道や胃のまわりの血管が大きく腫れた状態で、食道静脈瘤が破裂すると大出血して吐血する可能性があります。

胃腸から肝臓へと流れていく門脈という血管の血圧が異常に高くなる(門脈圧亢進症)と、別の部分の血管が腫れあがり静脈瘤の原因となります。
この門脈の血液が高くなる原因には肝硬変の患者さんが多いです。

スポンサードリンク

食道・胃静脈瘤の症状

食道・胃静脈瘤自体には症状はありませんが、静脈瘤破裂により出血が起こると吐血(口から血を吐く)します。吐血は真っ赤または胃液と混じり暗赤色であり、大量の場合は精神的な面も影響してショック症状になる危険性があります。そして血圧が下がることで、意識ももうろうとします。

食道・胃静脈瘤の検査

内視鏡検査、X線造影など。
食道・胃静脈流の検査では、内視鏡検査やX線検査で静脈瘤の状態が確認することができますが、内視鏡検査の方が精度が高いです。

食道・胃静脈瘤の治療

静脈中の破裂が起きた場合は、まず安静にして点滴と輸血を行います。
その後内視鏡で患部を観察しながら、注射で血管を固める硬化療法やゴムバンドで血管を縛る療法などを実施します。

食道・胃静脈瘤の破裂は、食道や胃の粘膜がただれて弱くなったときや肝硬変が悪化したときに破裂しやすいため、悪影響を与える飲酒などは控えるようにします。

スポンサードリンク


食道・胃静脈瘤(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .