マロリー・ワイス症候群(症状/検査/治療)

マロリー・ワイス症候群 を紹介しています。

マロリー・ワイス症候群(症状/検査/治療)

マロリー・ワイス症候群

マロリー・ワイス症候群とは、激しい嘔吐によって食道と胃の境界付近の粘膜が裂けて出血する病気です。

出血部分は胃側の噴門部といわれる部位にできやすいです。
なお、食道粘膜が裂けて食道に穴が開く場合は突発性食道破裂といいます。

スポンサードリンク

マロリー・ワイス症候群の症状

マロリー・ワイス症候群は食道・胃の粘膜が裂けて出血しますので吐血が起こります。

吐血は強い嘔吐を何度か繰り返した後に血を吐くという症状がみられますが、1回目の嘔吐で吐血することも多いです。

大量に吐血した場合は精神的な影響も加わってショック状態となり、意識はもうろうとなります。そして、食道の粘膜が裂けると激しい胸痛、首の痛み、呼吸困難などの症状がみられます。

マロリー・ワイス症候群の検査

内視鏡検査、食道X線造影など。
患者さんに吐血が見られた場合は原因を調べるために、内視鏡検査を実施することが多く、診断も比較的容易です。

マロリー・ワイス症候群の治療

マロリー・ワイス症候群の症状が軽度だけの場合は経過をみるだけの場合もありますが、一般的に入院して安静にします。
治療中は絶食して、点滴を行います。

出血が止まらない場合は内視鏡によって止血術を実施し、それでも止まらない時は手術を行います。なお、食道破裂の場合はすぐに手術する必要があります。

スポンサードリンク


マロリー・ワイス症候群(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .