虫垂炎(症状/検査/治療)

虫垂炎(盲腸) を紹介しています。

虫垂炎(症状/検査/治療)

虫垂炎(盲腸)とは?

虫垂炎とは盲腸の先端にある虫垂といわれる部位に炎症が起こる病気で、盲腸といわれる病気です。
虫垂炎(盲腸)は暴飲暴食、胃腸炎、便秘、過労などによって虫垂部位が血行障害を引き起こし、そこに細菌やウイルスが感染することで引き起こされるといわれています。

スポンサードリンク

虫垂炎(盲腸)の症状

上腹部の不快感や鈍痛、その後右下腹部の痛みを感じます。
この腹部の痛みですが、へそから右腰の骨の出っ張りにかけて、右下から3分の1のところを押すと痛みを覚えます。
この部分を圧痛点と呼び、圧痛点にはマックバーネー圧痛点、ランツ圧痛点、
キュンメル圧痛点があります。
その他、発熱、食欲減退、吐き気、便秘、嘔吐などがみられ、症状が悪化すると、虫垂部位に穴が開いて、膿が横隔膜や骨盤内にでき最悪死亡することがあります。

虫垂炎(盲腸)の検査

腹部X線検査、腹部超音波、腹部CT検査、血液検査など。
まず症状を詳しく説明し、触診が行われます。血液検査では白血球数や血清アミラーゼが高値であることが多いです。

虫垂炎(盲腸)の治療・手術

一般的に虫垂炎となると虫垂を切除して治療します。手
術には腹腔鏡下手術というお腹に穴を開けてそこから虫垂を切除します。
虫垂炎の手術に開腹手術もありますが、腹腔鏡下手術のほうが患者さんに対する負担が軽く、費用面でも負担が軽いです。

スポンサードリンク


虫垂炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .