イレウス(症状/検査/治療)

イレウス(腸閉塞) を紹介しています。

イレウス(症状/検査/治療)

イレウス(腸閉塞)とは?

イレウス(腸閉塞)とは腸の一部が狭くなって、内容物が詰まる病気です。
イレウスには原因によって単純性イレウス、複雑性イレウス、機能性イレウス、
というような呼びかたをします。

単純性イレウスは手術後の腸の癒着、腸管の狭窄、がんなどが原因です。

複雑性イレウスは腸の癒着によるねじれ、腸重積、上腸間膜動脈血栓症などが原因で血流障害を引き起こし、腸に穴が開く危険性があります。

機能性イレウスでは腸の蠕動運動が働かないために起こるイレウスです。

スポンサードリンク

イレウス(腸閉塞)の症状

イレウスの症状には腹部の張り、腹痛、吐き気、嘔吐、腹鳴(お腹がゴロゴロ鳴る)などが起こり、症状が重いと発熱、頻脈、意識混濁などを引き起こす危険性があります。
特に腸の血行障害によるイレウスは激痛が走りますので、早急な手術が必要です。

イレウス(腸閉塞)の検査

腹部X線単純撮影、下部消化管X線造影など。
通常は腹部のX線検査と症状から診断することができます。X線では腸閉塞の原因がわかります。

イレウス(腸閉塞)の治療

イレウスの治療は、腸閉塞を引き起こした原因を取り除くことが行われます。
癒着性の単純性イレウスの場合は点滴で回復しますが、複雑性イレウスの場合は手術が必要となります。
機能性イレウスの場合は消化管運動促進剤が用いられます。

スポンサードリンク


イレウス(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .