蛋白漏出性胃腸症(症状/検査/治療)

蛋白漏出性胃腸症 を紹介しています。

蛋白漏出性胃腸症(症状/検査/治療)

蛋白漏出性胃腸症

タンパク漏出性胃腸症とは、消化管に血液中のタンパク質が大量に漏出してしまう病気です。
蛋白が漏出する原因にはクローン病、潰瘍性大腸炎、リンパ管の異常などがあります。

スポンサードリンク

蛋白漏出性胃腸症の症状

下痢やむくみが主な症状で、腹水がたまることもあります。
その他の症状には、下痢、悪心、嘔吐、腹部膨満感、腹痛、脂肪便、発育障害などを引き起こす場合があります。

蛋白漏出性胃腸症の検査・診断

α1―アンチトリプシンクリアランス試験、シンチグラフィ、血液検査、消化管造影X線検査、内視鏡検査、生検、リンパ管造影など。蛋白漏出性胃腸症の診断では、詳しい検査が必要とされるため入院して検査することが多いです。
血液検査では、低タンパク、低コレステロール、低カルシウムなどがみられます。

蛋白漏出性胃腸症の治療

蛋白漏出性胃腸症の治療にはアルブミン製剤や副腎皮質ホルモンを用いた薬物療法や食事療法(低タンパクで低脂肪な食事)などが行われます。
そして、原因となる病気に対する治療を十分に行うことが大切です。

スポンサードリンク


蛋白漏出性胃腸症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .