食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニア を紹介しています。

食道裂孔ヘルニア

食道裂孔ヘルニアとは?

食道裂孔とは胸部(後縦隔)から腹腔内へ通じているあなのことです。
この食道裂孔の一部が脱出した状態を食道裂孔ヘルニアといいます。
成人で発生する場合は、肥満、脊柱後彎、老人性肺気腫、嘔吐などが食道裂孔ヘルニアの原因にあります。

スポンサードリンク

食道裂孔ヘルニアの症状

胸焼け、逆流間、嚥下障害、胸部の圧迫感、胸痛など。
食道裂孔ヘルニアの症状には上記のような症状がありますが、約2割の患者さんが無症状であるといわれています。

食道裂孔ヘルニアの検査

X線検査、上部消化管造影検査、内視鏡検査、心電図など。

食道裂孔ヘルニアの治療

症状がない場合は治療の必要がありません。
治療方法には保存的療法と手術療法があります。

保存的療法には、食後の姿勢(食べた後は横にならない、など)や食事の方法、薬の投与などがあります。薬は胃酸分泌を抑制させる薬を使用します。

スポンサードリンク


食道裂孔ヘルニアは以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .