空気嚥下症

空気嚥下症(症状) を紹介しています。

空気嚥下症

空気嚥下症とは?

空気嚥下症とは食事中以外にも無意識に空気を嚥下して胃や腸に空気がたまる状態のことで、早食い、口呼吸、唾液を常に飲むといった癖を持つ人にみられます。 普通はげっぷとして排泄されますが、胃や腸にたまったままになると腹部に症状があらわれます。

スポンサードリンク

空気嚥下症の症状

上側の腹部膨満感、圧迫感、左わきばらの痛み、しゃっくりなど。

このような症状はげっぷなどによって軽減されます。
動悸、息切れといった症状は空気が溜まった胃や腸に横隔膜を圧迫することで生じる場合があります。

スポンサードリンク


空気嚥下症は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .