巨大結腸症(症状/治療)

巨大結腸症(ヒルシュスプルング病) を紹介しています。

巨大結腸症(症状/治療)

巨大結腸症とは?

巨大結腸症とは結腸が以上に拡張する病気です。
後天性の場合は巨大結腸症といいますが、先天性の場合はシュスプルング病ともいいます。後天性の場合は全身性エリテマトーデス、アミロイドーシス、全身性硬化症、鉛中毒、甲状腺機能低下症、パーキンソン病などの様々な病気から発生します。

スポンサードリンク

巨大結腸症の症状

主な症状は強い便秘とお腹のふくれ(腹部膨満感)です。

巨大結腸症の治療

後天性の場合は原因となる病気の治療を行いながら、日常生活での改善(運動や食物繊維の多い食事など)を実施します。

先天性(ヒルシュスプルング病)の場合は、根治手術が必要となります。
一般的に生後6ヶ月以上で手術を行います。

スポンサードリンク


巨大結腸症(症状/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .