クローン病(症状/検査/治療)

クローン病 を紹介しています。

クローン病(症状/検査/治療)

クローン病について

クローン病は小腸の末端、大腸、肛門、胃、食道に潰瘍ができる病気です。

厚生労働省特定疾患に指定されている難病で、原因は不明です。
なお、潰瘍は小腸の末端(回腸末端)を中心に発生します。

スポンサードリンク

クローン病の症状

慢性的な下痢に粘性血便、発熱、貧血、体重減少といった全身の症状を伴います。また潰瘍によって腸の狭窄(狭くなる)を起こしたり、穴が開いて周囲の臓器とつながるといった状態も起こります。

クローン病の検査

X線検査、内視鏡検査、血液検査など。
血液検査では赤沈に異常がみられます。

クローン病の治療

原因不明であるため、根治療法はありません。
薬物療法では副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤などを使用します。
腸の狭窄や穴が開いたときは、手術を行う必要があります。

日常生活ではストレスを避けるようにして、食物繊維の少ない食事など、日常生活に気をなければなりません。

スポンサードリンク


クローン病(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .