裂肛(症状/検査/治療)

裂肛 を紹介しています。

裂肛(症状/検査/治療)

裂肛とは?

裂肛は痔の種類の1つで、肛門が切れることで生じる女性に多い病気です。
裂肛は硬い便によって切れることが多く、また肛門の内括約筋の緊張が高い人にも起こりやすいといわれています。

スポンサードリンク

裂肛の症状

排便時の痛み、出血など。

排便時の痛みは排便した後もしばらくジーンと痛みますので、排便が困難となります。
慢性的に裂肛を起こすと肛門が深く切れて肛門狭窄になる可能性があります。肛門狭窄になると便が細くなってしまい、ますます排便が困難になります。

裂肛部からは潰瘍が発生しやすく、炎症をおこして肛門ポリープや皮膚痔をおこすことがあります。

裂肛の検査

問診、指診、視診、肛門鏡診、直腸鏡診など。

まず、問診を行った後に肛門周囲を視診します。
視診では肛門の縁が裂肛しているのがわかります。
肛門鏡診とは肛門鏡といわれる機器で肛門愛を観察します。

裂肛の治療

薬物療法では軟膏などで、出血、腫脹、病変部の刺激を抑えます。

痛みがひどかったり、肛門狭窄を起こしているときは内括約筋側方皮下切開術を行うことがあります。内括約筋を部分的に切開して拡張する治療法です。

手術療法では肛門ポリープや皮膚痔などを発症した場合に行われ、肛門ポリープや皮膚痔の切除を行います。

スポンサードリンク


裂肛(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .