腸重積症(症状/検査/治療)

腸重積症 を紹介しています。

腸重積症(症状/検査/治療)

腸重積症とは?

腸重積症は腸管が腸管にもぐりこむ病気で、その部分の血液の流れが悪くなります。生後4ヶ月〜1年の男の赤ちゃんに見られることが多く、生命にも関わる病気です

スポンサードリンク

腸重積症の症状

腹痛、嘔吐、イチゴゼリー状血便など。
症状は突然起こって、赤ちゃんの顔が真っ青になって激しく泣き出します。腸重積症ではこのような症状を何度も繰り返します。

腸重積症が進行すると腸管が腐って孔があくこともあります。

腸重積症の検査

超音波検査、X線検査など。
超音波検査では確定診断及び、腸閉塞の有無などを調べることができます。

腸重積症の治療

高圧整復法、観血的整復法など。
高圧整復法とは空気やバリウムで腸管を押し戻す治療法です。
観血的整復法では手術で腸管を元の状態に戻す方法で、必要に応じて腸管を切除します。

スポンサードリンク


腸重積症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .