逆流性食道炎(症状/予防/治療)

逆流性食道炎 を紹介しています。

逆流性食道炎(症状/予防/治療)

逆流性食道炎とは?

胃液の逆流は健康な人にも起こりますが、胃液や十二指腸液が食道に逆流して、食道内に粘膜に炎症が起きることを逆流性食道炎といいます。

この逆流性食道炎は食道炎の中でも最も多い病気で、60代以上の高齢者の割合が多いです。最近は逆流性食道炎の患者さんが増加傾向で、この原因の1つに食生活の欧米化が関係しているともいわれています。

スポンサードリンク

逆流性食道炎の症状

特徴的なのが胸焼けで、その他に胸の痛み、食べたときの食道付近の詰まった感じ、咳や喘息のような発作を引き起こします。

その他逆流性食道炎の症状には、食道潰瘍を引き起こして吐血や貧血などの症状が見られたり、食べ物が喉に通らなくなる食道狭窄などがみられます。

特に十二指腸からの胆汁や膵液と胃液が混じり、食道内に逆流すると一層症状が悪くなるといわれています。

逆流性食道炎の予防

逆流性食道炎の症状が比較的軽い場合は、日常生活や食事に配慮することで治療や予防につながります。

食事については、油っこい食べ物、甘い食べ物、酸っぱい食べ物を控えるようにして、食べ過ぎないようにすることが大切です。
症状を悪化させる食べ物には油っこい、甘い、酸っぱい物のほかにアルコールやコーヒー、炭酸飲料なども症状を悪化させる原因になります。

また、たばこは唾液分泌を抑えて逆流性食道炎を悪化させる原因となりますのでタバコは控え、食べた後はすぐに横にならないようにします。

胸焼けなどの症状が現われた場合は上半身を起こすようにすると、症状が軽減されます。

逆流性食道炎の治療

治療には主に薬の投与が使用されます。

治療に使用される薬は胃酸の分泌を抑える薬で、H2受容体拮抗薬とプロトンポンプ阻害薬があります。そして逆流性食道炎の胸焼けなどを和らげる薬には、胃腸機能調整薬が使用されます。

薬の治療でも逆流性食道炎が改善されない場合は、逆流防止手術という外科手術を行うことがあります。この手術では、逆流性食道炎の治療に加え、食道がんの予防にもなります。

スポンサードリンク


逆流性食道炎(症状/予防/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .