急性胃炎(症状/検査/治療)

急性胃炎 を紹介しています。

急性胃炎(症状/検査/治療)

急性胃炎とは?

急性胃炎は急性胃粘膜病変とも呼ばれ、胃に炎症が急激に起こる状態をいいます。

胃の病気の中でも急性胃炎は最も多い病気で、患者さんの食事のあり方が主な原因です。その他急性胃炎の原因には細菌、薬物、アレルギーなども原因となります。

スポンサードリンク

急性胃炎の症状

急性胃炎の症状にはみぞおち付近の痛み、吐き気、嘔吐、吐血、腹痛、下血などの症状を引き起こします。

一般的にこのような症状には数日続くだけですが、急性胃炎の原因が食中毒菌が原因である場合は、発熱や下痢などの症状も伴います。

急性胃炎の予防

急性胃炎が食事によって引き起こされる場合は、よく噛んで食べて腹八分目にすることが大切です。
そしてお酒や嗜好品は炎症を引き起こす原因となりますのでアルコールを控えることも大切です。

急性胃炎の原因には不規則な生活やストレスも原因になりますので、そのような原因を取り除くことが予防なります。

急性胃炎の検査

上部消化管X線造影、上部消化管内視鏡、腹部超音波など。

まず消化器系と他の病気を区別するためにX線撮影や内視鏡などが行われ、胃がんを見逃さないように検査が行われます。

急性胃炎の治療

胃を安静にするため、1食2食絶食を行う治療法があります。
この絶食による治療では、食事はしませんが水分補給は適時とるようにします。
その後胃に負担を与えないようなおかゆやうどん等を食事にしていきます。

急性炎の治療には薬物治療があり、胃酸分泌抑制薬と胃粘膜防御因子増強薬が使用されます。症状がひどく、嘔吐や吐き気で食事ができない場合は、吐き気を抑える制吐薬の投与や輸液療法といって点滴をおこなう必要が出てきます。

スポンサードリンク


急性胃炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .