慢性胃炎(症状/検査/原因/治療など)

慢性胃炎 を紹介しています。

慢性胃炎(症状/検査/原因/治療など)

慢性胃炎とは?

慢性胃炎は大人の半数以上が、慢性胃炎であると言われるぐらいよく起こる病気で、特に高齢者によくみられます。慢性胃炎は広範に用いられる病名ですが、現在では萎縮性胃炎が慢性胃炎といわれることが多いです。

急性胃炎の場合は激しい症状が突然襲いますが、慢性胃炎の場合は無症状の方が多く、自分が慢性胃炎だと気がつかない人も多くいます。

慢性胃炎で死亡することはありませんが、胃がんなどにつながる可能性があるかもしれません。

スポンサードリンク

慢性胃炎の症状

慢性胃炎でもほとんどの人が無症状ですが、症状がある場合は胃の痛み、空腹時の胃痛、夜間の胃痛、胃もたれ、食欲不振、吐き気、嘔吐、胸焼けなどの様々な症状が1ヶ月以上続きます。

慢性胃炎の原因

慢性胃炎になる原因はいくつかあります。

慢性胃炎の原因の1つが食べ過ぎや飲み過ぎで、香辛料の摂り過ぎなど、胃に負担を与える食事は胃の粘膜を傷つけます。また、脂っこいものやチョコレートは胃の排出力を鈍らせるため、食べすぎには注意します。

慢性胃炎の2つめの原因にはストレスや不規則な生活です。
ストレスや不規則な生活は血流障害を引き起こし、粘膜障害につながり慢性胃炎の原因となります。タバコも血流障害を引き起こす要因となります。

そして慢性胃炎の3つめの原因にはヘリコバクター・ピロリ菌があります。
ヘリコバクター・ピロリという菌に感染することで、胃炎を引き起こすといわれています。日本人はヘリコバクター・ピロリ菌の感染が欧米人の約8倍といわれるぐらい感染者が多いです。
また、ヘリコバクター・ピロリ菌と胃がんの関係も疑われています。

慢性胃炎の検査

上部消化管X線造影、上部消化管内視鏡、腹部超音波など。

まず消化器系と他の病気を区別するためにX線撮影や内視鏡などが行われ、胃がんを見逃さないように検査が行われます。

慢性胃炎の治療や予防

慢性胃炎の予防には、慢性胃炎を引き起こす可能性がある原因取り除くことが大切です。

胃にヘリコバクター・ピロリ菌の感染がわかれば、薬物投与で除菌が行われます。精神的なストレスが原因である場合は、抗不安薬でストレスを軽減させることがあります。

慢性胃炎の症状がみられて胸やけや吐き気、胃痛などがある場合は胃腸機能調整薬などの薬物投与が行われます。

スポンサードリンク


慢性胃炎(症状/検査/原因/治療など)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .