胃潰瘍・十二指腸潰瘍(症状/検査/原因/治療など)

胃潰瘍・十二指腸潰瘍 を紹介しています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍(症状/検査/原因/治療など)

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは?

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は患部の粘膜や筋肉がえぐられて傷つく状態です。

よく起こる胃の病気の1つで、胃潰瘍が40代,50代の男性に、十二指腸潰瘍が20代〜40代の男性に多いです。そして再発しやすいことが難点です。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状の特徴は、みぞおち付近の痛みが特徴的ですが、人によって痛みには個人差があります。

スポンサードリンク

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状には無症状の場合もありますが、みぞおち付近の痛み、特に空腹時の痛みが多いです。

そして精神的なストレスや疲労、寝不足などがありますと、症状はさらに強いものとなります。その他に胸焼け、吐き気、食欲不振、吐血や貧血などもみられます。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因

最も大きな要因はストレスであると言われており、ストレスによって胃や十二指腸内のバランスが崩れ、胃潰瘍や十二指腸潰瘍となります。

バランスが崩れるとはどうゆうことでしょうか?
例えば健康な状態の胃は、胃酸から胃を守る粘液などの防御因子と、胃粘膜を攻撃する胃酸の攻撃因子のバランスが取れていて、胃に傷つきません。
ところが、攻撃因子を強めるストレスなどが加わるとバランスが崩れ、胃が傷つき、胃潰瘍や十二指腸潰瘍ができてしまいます。

バランスを崩す原因となるものには、ストレス、タバコ、お酒、不規則な生活、コーヒー、ヘリコバクター・ピロリ菌などがあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査

上部消化管X線造影、便潜血、上部消化管内視鏡、胃分泌機能など。

まずX線撮影で潰瘍の有無を調べて、内視鏡で確定診断を行います。
潰瘍については良性か悪性かを判断するために、生検が行われる場合があります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療や予防

予防には、ストレスをためないことが第一です。
ピロリ菌に感染している場合は、薬で除菌すると再発の可能性が減少します。
そして胃潰瘍や十二指腸潰瘍の食事療法では、次のことがポイントになります。

☆控えること
1.食べ過ぎ
2.消化が良くない食べ物を食べる
3.コーヒー、お酒、炭酸飲料水を飲む
4.塩辛いもの、酸味が強い食べ物を食べる
5.熱すぎる、または冷たすぎる食事をする

☆胃潰瘍や十二指腸潰瘍の食事で心がけること
1.消化にいい食べ物を食べる
2.ビタミンが豊富な果物などを食事に入れる
3.タンパク質を豊富に摂取する

薬物療法では、攻撃因子を抑える薬と防御因子を強める薬を使って治療します。

スポンサードリンク


胃潰瘍・十二指腸潰瘍(症状/検査/原因/治療など)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .