胃痙攣(検査/治療/原因)

胃痙攣 を紹介しています。

胃痙攣(検査/治療/原因)

胃痙攣とは?

胃痙攣(胃けいれん)とは、突然起こる腹部の特にみぞおち付近のけいれん性の痛みのことを呼びます。
胃痙攣の痛みは激しい痛みで、数分間〜数十分間続きます。

スポンサードリンク

胃痙攣の原因

胃痙攣の原因には胃潰瘍、急性胃炎、胃軸捻転、胃粘膜脱、十二指腸潰瘍、胆石症、胆管炎、急性膵炎など様々です。
このような消化器系の病気が原因である他に、日常生活でのストレス、緊張、そして神経症が原因で胃痙攣が引き起こることがあります。

胃痙攣の検査

血液検査、腹部X線検査、胃内視鏡検査、腹部超音波検査などがあります。
問診時には腹部の痛みを詳しく伝えることが診断に役立つため、いつどのように痛むのかをはっきり伝えることが大切です。

胃痙攣の治療・薬

胃痙攣がおこると痛み止めの鎮痛薬や胃痙攣のけいれんを抑える鎮痙薬などが用いられますが、病気またはストレスといった根本となる原因などをしっかりと調べて治療する必要があります。

スポンサードリンク


胃痙攣(検査/治療/原因)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .