胃拡張・急性胃拡張(検査/症状/原因)

胃拡張・急性胃拡張 を紹介しています。

胃拡張・急性胃拡張(検査/症状/原因)

胃拡張・急性胃拡張の原因

胃拡張は、胃壁の緊張低下で胃の中の内容物が排泄できなくなった結果、胃が拡張した状態のことを胃拡張といいます。

急性胃拡張は胃の筋肉の緊張が急速に低下することで原因で発症します。
急性胃拡張は急速に胃の筋肉が弛緩し、胃に空気や胃液が大量にたまることで胃拡張がおこります。

スポンサードリンク

胃拡張の症状

胃拡張や急性胃拡張の症状には、上腹部の張り、嘔吐が主な症状です。

嘔吐を繰り返すと、虚脱症状に陥る可能性があります。
また胃拡張は急性膵炎、急性胆嚢炎、糖尿病などを合併する可能性もあります。

胃拡張の検査

腹部X線検査、内視鏡検査、腹部CT検査などがあります。

スポンサードリンク


胃拡張・急性胃拡張(検査/症状/原因)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .