胃酸過多症(原因/治療)

胃酸過多症 を紹介しています。

胃酸過多症(原因/治療)

胃酸過多症とは?

胃酸過多症は胃液の成分である塩酸の酸度が異常に高くなる状態のことで、胸やけ、げっぷ、胃の酸っぱい液体が口まで逆流してくる呑酸などの症状が見られます。

胃酸液は食後に大量に分泌されることが一般的で、それにより胃酸過多症の症状は食後1〜2時間で起こります。

スポンサードリンク

胃酸過多症の原因

胃酸過多症の原因には十二指腸潰瘍、胃潰瘍、ゾリンジャー・エリンソン症候群、副甲状腺機能亢進症などが原因で胃酸分泌能が亢進して胃酸過多を引き起こします。

胃酸過多の診断には、鼻から胃にチューブを挿入して、採取した胃液から胃液の酸度と胃酸分泌能を調べることが確実ですが、この検査はあまり用いられていません。

胃酸過多症の治療

胃酸の酸度を中和するために、重曹、水酸化アルミニウムゲル・水酸化マグネシウム配合剤などの中和剤の使用や胃酸の分泌を抑制する胃酸分泌抑制薬が使用されます。
胃酸過多症において、日常で注意することは香辛料、コーヒー、炭酸飲料、漬物、アルコール、タバコなどの刺激物を避けることで胃酸過多症を予防・改善します。

スポンサードリンク


胃酸過多症(原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .