胃ポリープ・胃粘膜下腫瘍(症状/検査/手術など)

胃ポリープ・胃粘膜下腫瘍 を紹介しています。

胃ポリープ・胃粘膜下腫瘍(症状/検査/手術など)

胃ポリープ・胃粘膜下腫瘍とは?

胃ポリープとは胃の粘膜の上にできるいぼのような腫瘤で、胃ポリープは胃内腔に突出します。一方で胃粘膜下腫瘍とは胃の粘膜の下にできるいぼのような腫瘤で、胃粘膜下腫瘍は胃内腔に向いています。

形成される部分は違いますが、どちらも良性の腫瘍です。

スポンサードリンク

胃ポリープ・胃粘膜下腫瘍の症状

胃ポリープ自体には症状がありませんが、胃炎を伴うと、胃もたれ、みぞおち付近の痛み、胃の不快感といった胃炎の症状が見られます。

胃粘膜下腫瘍も同様に一般的に症状はありませんが、腫瘍が大きくなって潰瘍を伴うようになると腹痛や消化管の出血などの症状がみられます。

胃ポリープの原因や種類

胃ポリープの原因ですがまだはっきりとわかっていないのが現状です。

胃ポリープの種類には主に過形成ポリープと腫瘍性ポリープの2種類に分類されます。胃ポリープの大半は過形成ポリープで、過形成ポリープはがん化する可能性はきわめて低いです。

一方で腫瘍性ポリープはがん化する可能性があります。
胃ポリープの大きさとがん化の関係は、ポリープのサイズが大きくなる程、がん化する可能性は高くなります。

胃粘膜下腫瘍の種類

胃粘膜下腫瘍は多くが良性で、筋肉由来、脂肪の塊、血管やリンパ節由来、神経由来の腫瘤があります。

胃ポリープ・胃粘膜下腫瘍の検査

上部消化管内視鏡検査や上部消化管X線検査、超音波内視鏡検査などが行われ、生検で腫瘍の種類やがんの有無を調べます。

胃ポリープや胃粘膜下腫瘍の手術について

サイズが大きいもの、がん化する可能性のあるもの、その他出血や潰瘍を伴うものに対しては切除手術が行われます。
切除術には高周波電流で切除する内視鏡的ポリペクトミーや内視鏡的粘膜術などがあります。

スポンサードリンク


胃ポリープ・胃粘膜下腫瘍(症状/検査/手術など)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .