胃切除後症候群(症状/原因など)

胃切除後症候群 を紹介しています。

胃切除後症候群(症状/原因など)

胃切除後症候群とは?

胃切除後症候群とは、胃の切除手術を行い、胃の一部または全部切除することにより引き起こされる様々な症状の総称をいいます。

胃は食べ物を消化する働きの他に、血液を作り出すのに必要な成分を分泌したりしています。そのため胃を切除することによって胃の働きが失われると、様々な症状が引き起こされます。

スポンサードリンク

胃切除後症候群の症状

胃切除後症候群の症状には、ダンピング症候群、小胃症状、逆流性食道炎、輸入脚症候群、下痢、貧血、骨障害、胆液などがあらわれる可能性があります。

以下に聞き慣れないダンピング症候群と輸入脚症候群の解説や症状を記載します。

ダンピング症候群の原因や食事

ダンピング症候群とは胃の内容物を十二指腸に送り出すことができなくなることが原因で、様々な症状が起きます。

主に胃の出口の幽門の切除によって機能が低下します。
ダンピング症候群の症状には立ちくらみ、めまい、空腹感、脱力感、しびれなど様々な症状があらわれます。

ダンピング諸侯群の食事についてはゆっくりと食べて、食後は30分程度横になります。低血糖症状が起きた場合は糖分を取るようにすることが大切です。

輸入脚症候群の症状や対策

輸入脚症候群は輸入脚に胆汁、十二指腸液、膵液がたまって、胃に逆流することで嘔吐症状が起ります。主にビルロートU法といわれる胃の手術法が原因で起ります。

スポンサードリンク


胃切除後症候群(症状/原因など)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .