急性腸炎(症状/検査・診断/原因)

急性腸炎 を紹介しています。

急性腸炎(症状/検査・診断/原因)

急性腸炎とは?

急性腸炎とは、腸に炎症を引きおこす疾患群の総称のことで、症状には下痢、嘔吐、吐き気、腹痛などがみられます。

急性腸炎は感染性の急性腸炎と非感染性の急性腸炎があります。
感染性の急性腸炎には主に細菌によるもので、非感染性の急性腸炎には食べ過ぎ飲みすぎといった食生活や薬によるものなど、様々です。

スポンサードリンク

急性腸炎の原因

先ほど急性腸炎には感染性腸炎と非感染性腸炎の2つに分類できるといいましたが、それぞれ腸炎の原因を詳しくみていきます。

感染性腸炎の原因には細菌が多く、特に「腸炎ビブリオ、サルモネラ、黄色ブドウ球菌、カンピロバクター、ウェルシュ菌」などの食中毒菌や「腸チフス、赤痢、コレラ、パラチフス」などの伝染病を引き起こす細菌によって引き起こされます。

ウイルスの場合はエントロウイスルやロタウイルスなどで急性腸炎が起ります。
その他、真菌、原虫、寄生虫などでも急性腸炎が起きる場合があります。

非感染性腸炎の原因には、食べ過ぎ飲みすぎ、寝冷え、食物アレルギー、薬などが主な原因です。

急性腸炎の症状

主な症状は下痢で、その他嘔吐、発熱、腹痛がみられます。症状の度合いは非感染性腸炎の方が軽く、感染性腸炎は症状は重いです。

急性腸炎の検査・診断

急性腸炎は問診で症状や食べ物を医師と話し合うことでほとんど判断することができますが、便検査で確定診断が行われることがあります。

スポンサードリンク


急性腸炎(症状/検査・診断/原因)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .