胆嚢炎・胆管炎(症状/検査/治療・手術)

胆のう炎・胆管炎 を紹介しています。

胆嚢炎・胆管炎(症状/検査/治療・手術)

胆のう炎・胆管炎とは?

胆のう炎は胆のうや胆管の胆道系に細菌による感染で炎症が起きた状態のことです。

胆のう炎では胆石を伴う場合が多いです。
胆のう炎には急性と慢性の胆のう炎があり、急性胆のう炎を繰り返すと慢性胆のう炎となります。

スポンサードリンク

胆のう炎・胆管炎の症状

急性胆のう炎の症状の場合は、右上腹部に激痛がみられ、発熱や黄疸などがみられることが多いです。
合併症には胆嚢が化膿して破れることで腹膜炎の合併症を引き起こす可能性があります。

慢性胆のう炎は、右上腹部の痛み、吐き気、下痢、便秘といった症状が見られ、発熱する場合もあります。

胆のう炎・胆管炎の原因

胆のう炎となる場合は、胆石があることがとても多いです。
胆石があると細菌が胆石に付着するので、胆のうに感染する原因となります。
感染・炎症を起こす細菌は大部分が大腸菌で、その他にブドウ球菌、連鎖球菌などがあります。

胆のう炎・胆管炎の検査・診断

検査項目には血液検査(ALP、LAP、赤沈、CRP、白血球数、総ビリルビン値など)、超音波検査、CTスキャン検査などが行われます。
胆のう炎の診断には、主に血液検査と腹部超音波で検査で診断できます。必要に応じてその他検査が行われます。

胆のう炎・胆管炎の治療

一般的に抗菌薬を使って治療を行い、胆汁がたまっている場合は胆汁を取り除く、経皮経肝胆のうドレナージを行います。

胆のう炎・胆管炎の手術

胆のう炎の手術は、胆のう摘出術を行うことで手術後9割の患者さんが回復するといわれています。 腹腔鏡下胆のう摘出術の場合は腹部に穴をあけて胆のうを摘出する方法で、開腹による方法と比べ 患者さんの負担が軽いです。

スポンサードリンク


胆嚢炎・胆管炎(症状/検査/治療・手術)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .