腹膜炎(症状/検査・診断/原因/治療)

腹膜炎 を紹介しています。

腹膜炎(症状/検査・診断/原因/治療)

腹膜炎とは?

腹膜炎とは腹膜(内臓と腹壁の一部を覆っている薄い膜)に炎症が起きる状態で、急性腹膜炎と慢性腹膜炎があります。

急性腹膜炎には腹腔(お腹の中)全体に炎症が起きる汎発性腹膜炎、一部分で炎症が起きる限局性腹膜炎があります。
慢性腹膜炎には、結核性腹膜炎や癒着性腹膜炎などがあります。

スポンサードリンク

腹膜炎の原因

腹膜炎の原因には細菌の感染による腹膜の炎症が多く、その他には胆嚢炎や憩室炎などから広がって腹膜炎を起こしたり、内臓破裂、膵液の漏出などが刺激となって腹膜炎をおこすことがあります。

腹膜炎の症状

急性腹膜炎の汎発性腹膜炎の症状には、激痛が腹部全体に広がり、喉の渇き、吐き気、嘔吐、発熱、腸閉塞症状がみられます。

症状が重いと、ショック状態や死亡する危険性も高まります。
限局性腹膜炎の場合は炎症部位の痛み、発熱、悪寒、ガタガタ震えるなどの症状がみられます。

慢性腹膜炎の結核性腹膜炎の症状には、発熱、腹痛、微熱、寝汗、お腹の張りが起こります。
癒着性腹膜炎の場合は無症状が多いですが、腹痛、腹部の張り、嘔吐、吐き気などの症状が見られる場合があります。

腹膜炎の検査・診断

腹部X線検査、CT検査、超音波検査、血液検査、腹水穿刺などが行われます。

急性腹膜炎の場合は急激に腹痛を起こすその他の病気との区別を確認します。
急性腹膜炎の場合は腹膜炎の症状がわかりやすいですが、慢性腹膜炎の場合は主な症状が見られない場合もあり、診断は容易ではありません。

腹膜炎の治療

腹膜炎では緊急手術を行う必要があります。
薬だけで治すことはできません。

腹膜炎の手術では原因の臓器を切除したり、穴をふさいだり、腹腔の膿を除去などが行われます。

腹膜炎は原因となる病気が悪化して引き起こされることが多いので、腹部に関する臓器の病気を持っている人は持病の症状を悪化させないことが、腹膜炎の予防に大切です。

スポンサードリンク


腹膜炎(症状/検査・診断/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .