肝硬変(症状/検査/原因/治療)

肝硬変 を紹介しています。

肝硬変(症状/検査/原因/治療)

肝硬変とは?

肝硬変は肝細胞の壊死と再生を繰り返すことで硬い繊維性隔壁が作られ、繊維性隔壁が肝細胞を取り囲んだ状態を肝硬変といいます。

肝硬変は繊維性隔壁によって肝臓の血流に障害が起き、肝細胞の数も減少します。肝臓の血流が阻害されると、胃腸から肝臓へつながる門脈の血液が上昇(門脈圧亢進症)し、肝細胞を迂回する血管が形成されます。
そして肝細胞が減少すると肝不全の原因となります。

スポンサードリンク

肝硬変の症状

主な症状には疲労感、無気力、食欲不振、アルコールに弱くなる、手のひらの赤み、皮膚の黒ずみ、出血、貧血、黄疸、腹水などがあります。
肝硬変の症状が重症となった場合は、意識障害、昏睡状態、食道静脈瘤の破裂による吐血を引き起こす危険性があります。

肝硬変の原因

肝硬変の主な原因にはC型肝炎ウイルスによる慢性肝炎、B型肝炎ウイルスによる慢性肝炎、アルコールによる慢性肝炎の順に多くみられ、その他には脂肪肝、寄生虫疾患、先天性代謝異常症などがあります。
このような病気によって肝細胞の壊死・再生が頻繁に繰り返され、繊維性隔壁が作られて肝硬変となります。

肝硬変の検査・診断

GOT、GPT、γ-GTP、X線CT、腹腔鏡、肝生検、尿ウロビリノーゲンなど。
まず肝機能検査と超音波検査を行い、さらに詳しく調べるために腹腔鏡や肝生検などを実施して診断します。

肝硬変の治療

肝硬変の治療には時期によって、食事療法や薬物療法が異なってきます。
日常生活での食事療法は大切で、予後に影響してきます。

スポンサードリンク


肝硬変(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

消化器一覧

症状から探す病気と検査項目トップ

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .