COPD・慢性閉塞性肺疾患(症状/検査/治療)

COPD(慢性閉塞性肺疾患) を紹介しています。

COPD・慢性閉塞性肺疾患(症状/検査/治療)

COPDとは?

COPD(chronic obstructive pulmonary disease)は慢性閉塞性肺疾患とも言われ、閉塞性換気障害を引き起こす疾患のことです。

COPDは気流閉塞を持つことが前提で、進行はゆっくりと進んでいきます。
COPDの原因の一つには喫煙があり、進行度はタバコの本数に依存するといわれています。

スポンサードリンク

COPDの症状

COPDの症状には慢性気管支炎、慢性的な咳と喀痰、喘息様症状、呼吸困難などがあります。
呼吸困難の度合いにはフレッチャー・ヒュー・ジョーンズの分類というものがあります。

COPDの検査

視診、打診、聴診、胸部X腺検査、胸部CT検査、呼吸機能検査、動脈血ガス分析、動脈血酸素飽和度

胸部X腺や呼吸機能検査でCOPDの有無が調べられ、胸部CT検査では肺気腫の可能性が調べられます。
COPDの場合はさらに動脈血ガス分析や動脈血酸素飽和度などの検査が行われます。

COPDの治療

COPDの治療には根本的な治療法はなく、「いかにして進行を抑えるか」という治療になります。なお、病気別または進行度に応じた治療法や管理法にはCOPDの診療ガイドラインというものがあります。

スポンサードリンク


COPD・慢性閉塞性肺疾患(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .