関節リウマチ(症状/検査/原因/治療)

関節リウマチ を紹介しています。

関節リウマチ(症状/検査/原因/治療)

関節リウマチとは?

リウマチは、リウマチという1つの病気ではなく、関節や骨、筋肉、じん帯、腱などが痛む病気のことを「リウマチ」と呼びます。そのため、リウマチの種類は200種類以上あるといわれており、そのリウマチの中でも代表的なものが関節リウマチです。

なお、その他のリウマチには痛風、リウマチ熱、膠原病なども有名です。関節リウマチは体の様々な関節が腫れて痛みを感じ、関節の変形も起こりやすいです。

スポンサードリンク

関節リウマチの症状

関節リウマチの症状には、主に3つの特徴があります。
@関節症状 A関節外症状 B臓器症状
そして、この中でもっとも特徴的なものが、関節のこわばり、関節の腫れ、関節の痛みといった症状です。

関節リウマチの症状の流れは、関節の滑膜での炎症から始まり、炎症による関節破壊・関節痛、そして最後に関節の変形が引き起こされます。
関節が変形してしまうと、関節の機能障害などが生じます。

関節リウマチの検査

RAテスト、ASO、CRP、血沈、赤血球数、白血球数、関節造影、胸部X線単純撮影など。

X線検査では、診断が難しい早期の関節リウマチに対して診断することができ、痛みが見られない関節リウマチに対してもX線で関節リウマチを診断できる場合があります。
一般的に関節リウマチの疑いがある患者さんは、手のX線撮影が行われます。

関節リウマチの原因

関節リウマチは関節の滑膜の炎症によって引き起こされます。
この滑膜の炎症は免疫反応の異常によって引き起こされます。
そして関節の軟骨が変形して痛む変形性関節症とは異なった原因で痛みです。

関節リウマチの治療

慢性関節リウマチは自己免疫病であるため、ただ関節炎の痛みを抑える治療だけではなく、関節炎を引き起こす免疫異常を食い止めることで、炎症を抑えるといった根本からの治療がなされています。

現在ではリウマチに対する治療方法が飛躍的に進歩しています。
関節リウマチの主な治療方法は主に4つあります。

@基本療法
A薬物療法
B手術療法
Cリハビリテーション療法

これらの治療方法で痛みをなくし、変形や筋肉の衰えの予防、合併症の予防、などを行います。そして、リウマチの患者さんに身体的、精神的、社会的な生活の質を保つことが治療の基本となっています。

スポンサードリンク


関節リウマチ(症状/検査/原因/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .