過換気症候群(症状/検査/治療)

過換気症候群(過呼吸症候群) を紹介しています。

過換気症候群(症状/検査/治療)

過換気症候群(過呼吸症候群)とは?

過換気症候群(過呼吸症候群)とは発作的に呼吸が速くなって、不安感などの症状もみられる状態のことです。

若い女性に起こることが多く、その原因には不安になりやすい性格や、心理的ストレス、運動などがあります。このような原因によって脳内の呼吸中枢が過剰に刺激され、過呼吸となって苦しくなります。

スポンサードリンク

過換気症候群(過呼吸症候群)の症状

呼吸が苦しくなる突然の息苦しさや胸の苦しさで不安感が生じます。
そして、手足や唇がしびれや痙攣のような症状があらわれたり、 意識がもうろうとしてめまいを生じることもあります。このような発作は数十分以上続くこともありますが、後遺症や死亡することはありません。

過換気症候群(過呼吸症候群)の検査

動脈血中の酸素濃度と二酸化炭素濃度を発作時に検査することで診断できます。
発作時では二酸化炭素濃度は低値となって、酸素濃度は高値となります。
また、他の病気(狭心症、気胸、気管支喘息、脳腫瘍など)が隠れている可能性もありますので、検査によって他の病気の有無を調べます。

過換気症候群(過呼吸症候群)の治療

発作時は紙袋を口にあてて、自分の吐いた息を何度も吸い込むことで、血中の二酸化炭素濃度をあげます。このような方法(ペーパーバック法)で、発作症状が治まることが多いですが、それでも治まらない場合は精神安定剤の注射などが行われます。
そして、過呼吸を引き起こす原因となった不安感を取り除くために、心理療法を受けることも大切です。

スポンサードリンク


過換気症候群(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .