肺水腫(症状/治療/原因)

肺水腫 を紹介しています。

肺水腫(症状/治療/原因)

肺水腫とは

肺水腫は肺に水が溜まる状態のことをいいます。
肺水腫の原因には肺血管の透過性亢進、内圧の上昇、膠質浸透圧の低下などが原因で、肺の血管外から水分が漏れでて肺水腫になります。

スポンサードリンク

肺水腫の症状

肺水腫の症状には呼吸困難が主な特徴です。

この呼吸困難は横になっているときは苦しく、立ち上がると楽になったり、睡眠時の呼吸発作なども見られることがあります。その他に腹部膨満感、下肢のむくみ、ピンク色の痰などが見られることもあります。

肺水腫の治療

入院して治療することが多いです。
安静な状態で痰の除去、酸素吸引、必要に応じて人工呼吸器も使用され、薬物療法も実施されます。

スポンサードリンク


肺水腫(症状/治療/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .