縦隔腫瘍(症状/検査)

縦隔腫瘍 を紹介しています。

縦隔腫瘍(症状/検査)

縦隔腫瘍とは?

縦隔腫瘍は、左右の肺と胸椎、胸骨に囲まれた縦隔に腫瘍ができることをいいます。

縦隔腫瘍は胸腺腫、神経性腫瘍、奇形腫、先天性嚢胞、リンパ性腫瘍、甲状腺腫瘍の順番で発生頻度が多いです。
縦隔腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍がありますが、約7割が良性腫瘍といわれています。

スポンサードリンク

縦隔腫瘍の症状

良性腫瘍の場合は無症状が多いですが、悪性腫瘍の場合は腫瘍部位周囲の臓器を圧迫するので、圧迫による様々な症状が見られます。

縦隔腫瘍の検査

胸部X線、胸部CT検査、生検などが行われます。
胸部X線と胸部CTでは縦隔腫瘍の有無等を調べ、生検では組織型を調べます。
このようにして診断された縦隔腫瘍ですが、外科的手術による治療が多いです。

スポンサードリンク


縦隔腫瘍(症状/検査)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .