睡眠時無呼吸症候群(症状/検査/治療/原因)

睡眠時無呼吸症候群 を紹介しています。

睡眠時無呼吸症候群(症状/検査/治療/原因)

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が突然止まる症状で、1時間に5回以上あるいは10秒を超える無呼吸状態が30回以上みられます。

睡眠時無呼吸症候群は、呼吸不全、高血圧、肺性心などを合併する可能性があるため、治療する必要があります。

スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の症状

無呼吸状態は睡眠時に起こる症状なので自覚することが難しいですが、起床後に頭痛や寝不足、夢をよく見たという様な症状が多いです。

睡眠時無呼吸症候群の原因

原因は主に2種類あり、1つ目は中枢性、もう1つは閉塞性があります。

中枢性は高齢者によくみられ、睡眠中に脳の呼吸中枢が鈍ることが原因です。
閉塞性は睡眠時に咽頭の筋肉が緩むことで喉が閉塞されることが原因です。
肥満・ピックウィック症候群や扁桃の肥大などの様々な要因で起こります。

睡眠時無呼吸症候群の検査

睡眠ポリグラフなど。
睡眠ポリグラフは睡眠時の脳波パターン、呼吸パターン、気道の流れなどを測定します。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法や対策

軽度の場合は気道を確保するためのマウスピースが有効です。

重症の場合はCPAP療法が実施することが多いです。
CPAPとは特殊なマスクで鼻から呼吸して気道を広げる治療法で、マスクと送風ファンから構成されており、自宅で使うことができます。
こちらはCPAP療法の保険適用基準を満たせば月数千円で行うことができます。

スポンサードリンク


睡眠時無呼吸症候群(症状/検査/治療/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .