肺炎(症状/検査・診断/原因)

肺炎 を紹介しています。

肺炎(症状/検査・診断/原因)

肺炎とは?

肺炎は感染性肺疾患の一つで、肺に炎症が起こる病気です。
肺の炎症は主に微生物の感染によって引き起こされますが、その微生物の種類によってそれぞれ肺炎の特徴があります。

スポンサードリンク

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎は、マイコプラズマという微生物の感染が原因で引き起こされる肺炎です。

マイコプラズマ肺炎の主な症状としては強い咳が特徴的です。
マイコプラズマ肺炎は子供よりも大人に多い肺炎といわれており、治療にはテトラサイクリンやマクライドなどの薬が使用されます。

ウイルス性肺炎

ウイルス性肺炎は、風邪を引き起こすRSウイルス、インフルエンザウイルス、麻疹ウイルスなどのウイルスの感染が原因で引き起こされる肺炎です。
ウイルス性肺炎の治療には対症療法が取られます。

クラミジア肺炎

クラミジアによる肺炎で、人から人へと感染することが原因で引き起こされます。

細菌性肺炎

細菌性肺炎は、細菌に感染することが原因で肺炎を引き起こします。
この原因となる細菌には肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、レジオネラ菌などがあります。

肺炎の症状

発熱、激しい咳、痰、悪寒、などが代表的です。

肺炎の検査・診断

胸部X線単純撮影、血沈、白血球数、CRP、喀たん細胞診など。

胸部X線単純撮影で確定診断を行い、喀たん細胞診で肺炎の原因細菌やウイルスを調べます。血沈などの血液検査では炎症の有無を確認します。
なお、マイコプラズマ肺炎の場合は発病後1週間以上経たないと診断することができません。

スポンサードリンク


肺炎(症状/検査・診断/原因)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .