急性気管支炎(症状/検査/治療)

急性気管支炎 を紹介しています。

急性気管支炎(症状/検査/治療)

急性気管支炎とは?

急性気管支炎は気管支や気管に炎症が起きる病気で、風邪に続いて急性気管支炎になることが多いです。ウイルス感染によるものが多いですが、マイコプラズマや細菌が原因であることもあります。

炎症が太い気道から細気管支へと進行すると、急性細気管支炎となり呼吸困難症状が強くなります。

スポンサードリンク

急性気管支炎の症状

咳の症状が次第に強くなっていき、痰を絡んだ咳に変化していきます。マイコプラズマによる急性気管支炎では発熱を伴うことがあります。
喘息性気管支炎の場合は「ヒューヒュー、ゼーゼー」といった喘鳴がおこります。

急性気管支喘息の検査

胸部X線検査、胸部の聴診など。
胸部の聴診では異常音がないか確認し、胸部X線検査では患者さんが慢性呼吸器病を基礎疾患として持っている場合は行われます。

急性気管支喘息の治療

咳止め薬、去痰薬、気管拡張薬などの服用で1週間程度で回復します。
しかし、症状が悪化して呼吸困難や摂食不良などを引き起こす場合は入院治療を行うことがあります。

スポンサードリンク


急性気管支炎(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .