気管支喘息(症状/検査/原因/治療など)

気管支喘息 を紹介しています。

気管支喘息(症状/検査/原因/治療など)

気管支ぜんそくとは

気管支ぜんそくは発作的に呼吸困難が起こる病気で、特徴的な症状には喘鳴があります。

気管支喘息は慢性型と発作型の2種類あり、慢性型のぜんそくは数ヶ月〜数年以上も喘鳴が継続しますが、発作型のぜんそくは突然症状があらわれて発作が治ると普段は健康な人とは変わりません。

スポンサードリンク

気管支喘息の原因

気管支喘息はなんらかのアレルギーが関与している場合が多いと言われていますが、まだはっきりとわかっていないのが現状のようです。

気管支喘息の検査

聴診、肺機能検査、気道過敏性試験、血液検査

聴診では気管支喘息に特有の「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった音が肺全体で聞こえるか確認します。気道過敏性試験では気道の過敏性を試験するのですが、呼気流量を測定することで行われます。
血液検査では白血球の種類や好酸球が増加しているか確認します。

気管支喘息の治療や予防

喘息発作に対する治療には、気管支拡張薬、抗アレルギー薬、副腎皮質ホルモン薬などが使用されます。一方で発作がないときには抗アレルギー薬などが予防薬として使用されます。

日常生活での喘息の予防にはアレルギーの原因となる物質を避けることが一番で、特にハウスダストを避けることが重要であると言われています。
そして喫煙を避けてお酒も控えるようにして腹八分目に食事することも大切です。

スポンサードリンク


気管支喘息(症状/検査/原因/治療など)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .