気管支拡張症(症状/検査/治療)

気管支拡張症 を紹介しています。

気管支拡張症(症状/検査/治療)

気管支拡張症とは?

気管支拡張症とは、気管支が拡張して元に戻らなくなった状態のことです。

気管支拡張症の患者さんは子供の頃にはしか、百日咳、ウイルス性肺炎にかかった人が多く、その後遺症として気管支拡張症が発症する可能性があるといわれています。
また慢性副鼻腔炎、カルタゲナー症候群なども原因の一つです。

スポンサードリンク

気管支拡張症の症状

気管支拡張症の症状には、痰を伴う咳、血痰、喀血などですが、ひどい場合は発熱、呼吸困難を引き起こす可能性があります。

気管支拡張症の検査

胸部X線撮影、CT検査など

気管支拡張症の治療

気管支拡張症の治療で行われることが痰のドレナージです。
痰のドレナージとは、薬や機械を体位を使用して痰を排出することです。

必要に応じて去痰薬や気管支拡張薬が用いられます。
気管支拡張症の手術には気管支や肺の一部を切除する方法があります。

スポンサードリンク


気管支拡張症(症状/検査/治療)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .