サルコイドーシス(症状/検査)

サルコイドーシス を紹介しています。

サルコイドーシス(症状/検査)

サルコイドーシスとは?

サルコイドーシスとは自己免疫異常による病気で、類上皮細胞で構成される肉芽腫がいろいろな臓器で発生する病気です。

サルコイドーシスが起こる原因ですが、はっきりとわかっていないのが現状です。
サルコイドーシスですが、約7割の患者さんが5年以内に自然に治るといわれています。

スポンサードリンク

サルコイドーシスの症状

サルコイドーシスの症状で特徴的なのが眼の症状で、両目のかすみ、飛蚊症、続発性緑内障、白内障ぶどう膜炎などがあります。
その他症状には発熱、息切れ、咳、リンパ節の腫れ、皮膚のしこりなども見られます。

また、日本人は心臓にサルコイドーシスが起こりやすく、それによって死亡する危険性もあります。

サルコイドーシスの検査

サルコイドーシスの検査には生検、ツベルクリン反応、γ-グロブリン、血清ACE、血清リゾチーム、核医学検査などがあります。

スポンサードリンク


サルコイドーシス(症状/検査)は以下のカテゴリに属しています。

INDEX
部位から症状を探す
気になる病気検索
当サイトについて

Copyright(c) 症状から探す病気と検査項目 All rights reserved .